Pocket

派遣の仕事を探している登録者の方で、良くあるのが複数の派遣会社に登録をする事です。

複数登録する事が悪い事と思っている方もいますが、別に当たり前の事ですので、派遣会社側も気にしていません。

 

 

ここでは、派遣会社を複数登録する人の平均派遣会社数や、

複数登録の注意点、複数登録のメリットなどを

派遣会社の現役営業マンの視点から解説します。

 

 

「派遣で複数登録しようか迷っている」

「複数登録すると不安な事がある」

こんな方に読んでもらいたい記事です。

 

登録者が登録する派遣会社の数

登録者の方は、毎日とまでは行きませんが、ぽつぽつ来られます。

派遣の場合は登録希望だけでも無料で派遣会社に登録出来ますが、来られる方の多くは登録希望というよりも、お仕事の応募と合わせて登録に来られる方が多いです。

 

 

正確な数字は計算していませんが、お仕事を探している方が、登録している派遣会社の数は大体3社程度だと思います。

 

 

まずは大手の派遣会社に数社登録をして、そのあと中小規模の派遣会社に登録する方がほとんどです。

 

 

登録は無料ですし、手数料も必要ありません。

派遣会社を絞ってお仕事を探すよりは、より多くの派遣会社のオファーを待つ方が仕事に就ける確率は上がりますので、複数社に登録をしておきましょう。

 

 

派遣で仕事を探す場合は複数に登録しておいた方が良い?

登録を複数しておいた方が良いかどうかについては、先程も述べていますが、複数登録しておいた方が良いに決まっています。

 

 

仕事に就ける確率も上がりますし、何より派遣会社が表に出していない求人の紹介が受けられるかもしれません。

 

 

もちろんですが、そんなシークレットな案件は登録しておかないと紹介されません。しかし、どこの派遣会社にシークレットな情報が有るのかなんてわかりませんから、ここはとにかく多くの会社に登録しておきましょう。

 

 

複数登録する場合の注意点

複数登録した場合の注意点としては、違う派遣会社から、同じお仕事を紹介される事があります。

 

もしも両方進めてしまった場合は、その話自体が無くなる事も有りますし、また、あなた自身が要注意人物的な扱いになり、紹介される回数が少なくなる可能性も上げられます。

 

必ず、お仕事の詳細を確認しておきましょう。

 

 

派遣だけではなく正社員も含めておいた方がいいですよ。

派遣会社に複数登録するのは悪い事ではないと思います。

しかし、お仕事を探すのは派遣だけで終わらずに、複数登録するついでに、正社員のお仕事も無いか情報を集めておくことも必要です。

 

 

派遣は契約が永遠に続くわけではありません。

私は派遣会社で営業をしているので、沢山の派遣社員に契約終了を伝えてきました。その中には、長く働いていて正社員の話しも出ていたのに急遽契約終了になった方もいて、その危険性は身を持って感じています。

 

 

そのお仕事はある日突然終わってしまう事もあるので、安定した生活をおくるにはリスクが高いです。

 

 

終身雇用制度が崩壊したと言っていますが、定年まで働く方の数は非常に多く、やはり会社に守られているのは正社員です。

生涯賃金も派遣より正社員の方が高くなりますので、派遣会社に複数登録しながら正社員の仕事も探してみてはいかがでしょうか。

 

 

年齢の若い方が挑戦もしやすいですので、正社員+派遣で仕事を探しましょう。