Pocket

「派遣社員と正社員の違いがわからない」と時々質問されるのですが、派遣社員と正社員は全く別物です。

 

 

同じ職場で働いていても、本来はその違いは歴然としていないといけないのですが、今では正社員も派遣社員も同じように扱われているのでわからなくなってしまっているのだと思います。

 

そこで、今回は派遣社員と正社員の違いについて説明していきます。

 

現役派遣営業マン@いちろう現役派遣営業マン@いちろう

また、これから仕事を探すのであればどちらを選べばいいのか解説していきましょう

 

派遣社員と正社員の違い

雇用形態に違い

派遣社員と正社員で一番の違いと言えば、この雇用形態の違いが有ります。

雇用形態とは誰に雇用されているのかですが、正社員は働いている会社に直接雇用されていますが、派遣社員は派遣会社に雇用されていて、派遣会社から派遣されている状態です。

 

ですので、お給料や管理は正社員なら働いている会社からもらいますし、派遣社員は派遣会社からもらいますよね。

 

会社が違うので、同じ職場で働いていてもその立場は全く違うのです。

 

責任の重さ

派遣社員は労働力の提供がメインになります。

どういうことかと言えば、正社員の様に会社に貢献する事を目的として雇われているのではなく、人手の足りない業務や専門的で知識が必要な所に対してその穴埋めを行うのが派遣社員の役割です。

 

ですので、派遣社員には決定権も有りませんし、その業務に対して責任を持つ必要もありません。

 

責任を持つ必要が無いと言ってしまうと「いい加減な仕事をしててもいいのか?」と思われるかもしれませんがそうではありません。

 

決定権が無い分、最終的な責任は正社員にかかってきますから、その責任を取らされる必要が無いという意味です。

 

業務内容に違い

上記でも触れていますが、正社員の仕事は多岐に渡ってあります。

ある程度の範囲は決まられていますが、その業務内容を形として示さないといけない事は有りません。

 

しかし派遣社員は業務内容が初めから決められており、その業務範囲の中で仕事を行います。派遣社員に、契約している業務以外の仕事を行わせる場合は派遣会社への相談が必要です。

 

安定性の違い

派遣社員の多くは登録型派遣の形態で勤務しています。

その為、派遣先の契約期間が派遣社員の契約期間となる場合が多く、細切れの契約を更新しながら勤務する事になります。

 

そのため、いつ契約が終了するかわからないリスクを常に抱えた状態になります。

 

しかし、正社員は定年までは基本的に雇用が守られている形になりますので、突然の解雇で職を失う事は有りません。

 

 

この様に派遣社員と正社員にはたくさんの違いがあり、同じ職場で働いていてもその立場は全く違うものなのです。

 

 

正社員より派遣社員の方が給料が良いなんて、誤解していませんか?

良くある誤解として、正社員よりも派遣社員の方が給料が良いなんて思われているかもしれません。

 

もしかしたら、そのような職場もあるかもしれませんが、全体的に見ると派遣社員の方が給与が低いのは明らかです。

 

関連記事⇒派遣社員の時給をアップする方法を紹介します。営業担当者との交渉がカギ

 

月々のお給料だけを比べると派遣社員の方が多い可能性が有りますが、年収で見ると賞与の無い派遣社員よりも正社員の方が高くなっています。

 

 

また、正社員は福利厚生や退職金の積み立てなど天引きが多くなっている可能性もあり、手取り額では少なく感じるのかもしれません。

 

 

それから、昇給も派遣社員よりも正社員の方が多くあるので、スタート時点では派遣社員の方が給与が高くても昇給幅の少ない派遣社員が正社員に抜かれるのは時間の問題です。

 

 

これから就職するならどちらを目指すべき?

いまから仕事をさがすのであれば、間違いなく正社員の仕事を探して下さい。

 

関連記事⇒派遣社員は少しでも早く正社員に転職するべき。安心に潜む危険。

 

働き方の違いもありますが、やはり安定性は正社員にはかなわないのです。

いくら優秀な派遣社員であっても契約終了と派遣先に言われてしまえばその派遣先では働く事が出来ないのです。

 

 

派遣はいつ仕事が終了してもおかしくない状態ですからね。

お金が必要な時にある突然仕事が無くなってしまっては、どうしようもありません。

 

 

ですのでこれから仕事を探すのであれば迷うことなく正社員の仕事を探すようにしましょう。