Pocket

派遣会社で営業を続けていると、派遣向いている人向いていない人の違いがわかってきました。向いていない人が派遣就業を始めても、すぐに辞めてしまったりするんですよね。

 

それだと辞めた派遣社員も派遣先も、その時間が無駄になりますから派遣に向いていない人は、はじめから派遣で働く事をやめておいた方が良いです。

 

現役派遣営業マン@いちろう現役派遣営業マン@いちろう

そこで、この記事では私が実際に感じた、派遣に向いている人の特徴をまとめてみました。

これから派遣で働こうか迷っている人は、参考にしてもらえると嬉しいですね。

 

 

派遣に向いている人はこんな人

スキルアップの目的がある

派遣は本来専門的なスキルを持った人を派遣する事が人材派遣の目的でした。今ではその前提も無くなり、誰でも利用できるようになったのですが、やはり派遣先は、専門的な知識やスキルを持った人が欲しいのは、昔も今も変わりません。

 

とにかくやりたい事があって、そのスキルを伸ばす為に派遣を選んだのであれば、大正解ですね。

 

英語の能力を伸ばしたい。

設計の技術を上げたい

分析の経験を増やしたい

 

スキルアップでステップアップしたい方には、派遣は最適です。

 

大企業で働きたい

大企業に正社員として就職するのは至難の業ですが、派遣なら大企業でも働くことが出来ます。大企業は仕事も多くその分案件も多いですから、憧れの会社で働けたら嬉しいですね。

 

大企業の雰囲気を味わったり、

大企業で働く人と触れ合うのも刺激になっていいかもしれません。

 

短期的な就業でも気にしない

派遣は長期的な業務であっても、3ヶ月や6か月の契約を更新しながら、働いていきます。

 

ある日突然、次の契約で終了と言われても文句が言えないのが派遣です。

 

長期的に人が欲しいと言っていても、6か月で終わってしまう事もあります。これが受け入れられる人であればいいのですが、そうでなければ初めから派遣を選ばない方がいいでしょう。

 

責任を持ちたくない

仕事をする上で責任感を持って仕事をするのは当たり前ですが、派遣は責任まで持つ必要はありません。

 

仕事でトラブルをしても、その責任はその部署の上司の責任ですからね。

時々、派遣社員に責任を取らせようとする派遣先も有りますが、その必要はありません。

 

将来の事はあまりかんがえていない

派遣が不安定なのは今に始まったことではありません。

なぜか派遣が安全と思われていますが、常に契約終了の危険と隣り合わせだという事を忘れてはいません。

 

更新確実だと思ていた派遣社員の方でも、更新が無くなる事だってあるのですから。

 

3ヶ月後や半年後の事がはっきりとしていないのに、5年後10年後の事なんてわかりませんよね。

 

将来に不安がある人ほど、派遣での就業はおすすめ出来ません。

 

昇給や昇格はいらない

派遣の昇給は年に一度有るか無いかですが、ほとんどの派遣社員は昇給が有りません。もちろん昇格する事もありません。

 

もし昇給があったとしても、せいぜい1年で10円程度でしょう。

毎日8時間勤務で月に20日出勤する人でも、

10円×8時間×20日=1,600円しか上がりません。

 

悲しくなりますよね。

 

ですので、働いてスキルアップした分、昇給や昇格を希望するのであれば、派遣ではなく正社員になるべきです。

 

 

派遣に向いていない人は正社員を目指すべし

ここまで派遣に向いている人について紹介しましたが、当てはまらなかった派遣に向いていない人は派遣を選ばすに、はじめから正社員を目指すべきです。

 

とにかく長く働きたい

将来の生活を安定させたい

働く分、お給料が上がってほしい

こんな人は、派遣には向いていませんからね。

 

 

派遣で仕事を始めても、

「こんなはずじゃなかった。」

「もっと安定した職場で働きたい」

「いつまでもこんな安月給で働けない」

この様な感情が出てきて辞めてしまうのがオチです。

 

 

それならば、始めから正社員で頑張ってみる事をおススメします。

今では、派遣も正社員も同じ仕事をしてたりしますからね

 

 

同じ仕事をしているのに、安定のある正社員と不安定な派遣では待遇が全く違います。

どうせ同じ仕事をするなら安定している側で働く方がいいですよね。