Pocket

「派遣社員はいつまでたっても時給が上がらないんですよね?」

営業活動をしていると良くこんなスタッフさんに出会います。

 

派遣社員は時給が上がらないというのは全くの嘘。

そう思っている方はもしかすると、これまで出会った営業マンにそう言われてきたのかもしれませんね。

 

派遣社員でも時給は上がります。

ここでは派遣社員が時給をアップするにはどうすればいいのか?

沢山の派遣社員を見てきた私が、こんな人は時給がアップしてきたという経験をもとに紹介しましょう。

 

現役派遣営業マン@いちろう現役派遣営業マン@いちろう

「派遣で長く働いているけれど、時給が上がらない」

「これから派遣で働きだすけれど先々は時給を上げてもらえるように頑張る」

こんな方にはぜひ読んでもらいたい記事です。

 

派遣社員の時給をアップする方法

具体的に時給をアップする方法を紹介して行きます。

必ずしも時給が上がる保障は有りませんが、時給を上げるためには最低限しておかないといけない事を上げています。

 

時給アップを目指して、出来る限り取り組むように心がけて下さい。

 

派遣先にとって必要な人材になる

言うまでも有りませんが、派遣の仕事は正社員の仕事とは違います。

正社員の仕事が回らない部分を、派遣の労働力でまかなっているというのが正しい考え方です。

 

その為、派遣社員の業務は言い方が悪いですが、

「誰でも出来る業務」と言えます。

 

そんな中で、時給をアップしてもらうには、

「あなたでないといけない」

「あなたがいてくれて助かった」

と派遣先に思わせる事が大事です。

 

 

「でも、派遣社員の時給は派遣会社がきめるんですよね」

こう思われるのは当然です。

 

派遣社員の時給を決めるのは派遣会社ですが、派遣会社に時給をアップさせるには、派遣会社と派遣先の契約単価を上げてもらえるようにするのが重要です。

 

派遣先との契約単価が上がらなければ時給アップは厳しいので、派遣先にとって必要な人材になれるようにしましょう。

 

 

仕事を覚える

ここからは上記の「派遣先にとって必要な人材になる」為に具体的にどうすればよいかを解説します。

 

まずは当然ながら仕事を覚える事が大事です。

一人前になって一人で業務をこなせなければ、社員の負担になる事は言うまでも有りませんよね。

 

特に同じ事を何度も聞いてしまう人は要注意。

一度聞いたら忘れないようにメモを取るなどは、社会人としてあたり前です。

 

出来るだけ早く仕事は覚える様にしましょう。

 

処理能力を上げる

仕事を覚えたら、今度はその仕事のスピードアップを図りましょう。

 

派遣社員は時給で働いているので、

「いくら働いても時給は変わらないから一生懸命働くと損するだけ。」

このように考えている人も時々います。

 

しかし、同じ仕事をいつまでも同じスピードでこなしているだけでは、評価が良くなるわけが有りません。

 

日に日に処理スピードが速くなればなるほど、派遣先への貢献度が上がり、評価が良くなるわけですから。

 

ただ、スピードだけを求めすぎて、正確性に欠ける人もいます。

この様な人は、修正やチェックを社員が今まで以上に時間をかけないといけなくなるため、社員の仕事を増やす事に繋がってしまいます。

 

正確性も重要ですから、早く正確に仕事をこなす事を心がけておきましょう。

 

仕事量を増やす

派遣の仕事は決められた業務内容の中で、その業務をする事になります。

しかし、仕事を覚えてスピードも上がってくれば、必ず手の空く時間が増えてくるに違いありません。

 

その時に周りの社員さんに「手伝う事は有りませんか?」と聞けるか聞けないかで印象は全く違います。

 

その内、社員さんの手伝っている仕事が派遣社員の仕事として定着してくることが有ります。そんな時は時給アップの交渉のチャンス。

 

契約した仕事以上に仕事をする時は、必ず時給を上げてもらえないか派遣会社の営業マンに相談しましょう。

 

営業マンは「派遣先に相談してみます」となりますからね。

 

資格を取得する

一番わかりやすく、時給を上げてもらいやすいのがこの資格です。

ただし、とりあえず資格をなんでも取ればいいわけでもありません。

 

今している業務に適した資格を取る事が大事です。

経理事務であれば、簿記

貿易事務であれば、通関士

倉庫で働いているのであれば、フォークリフト講習を受講するなど

資格は交渉に使いやすいです。

 

事前にどんな資格を取ればいいのか確認しておくのも良いかと思います。

*マル秘情報

資格に関してですが、派遣先や派遣会社が資格取得費用を出してくれる場合が有ります。表立って言えない事でもありますので、そんな制度がないか確認しましょう。

 

派遣社員の時給アップに一番効果的なこと

ここまで、派遣社員が時給をアップするための方法を紹介してきましたが、

最後に一番効果的な方法を紹介したいと思います。

 

それは、「定期的に派遣会社の担当者に時給アップの交渉をする事」です。

 

あまりしつこくし過ぎると、“面倒くさい派遣社員”のレッテルを張られてしまいますが、ある程度の交渉はOKです。

 

「次の更新の時に時給ってあがらないんですか?」

「入ったころより、これだけ仕事をこなせるようになったので時給を上げて下さい」

など、担当者に話してみて下さい。

 

 

派遣会社も大事な派遣社員ですから、全く話しにならない事は有りません。

私もそうですが、やはり直接お願いされると「どうにかして上げる事は出来ないか」を考えます。

しかし、何も言わない派遣社員については、忘れてしまう事も(笑)

 

 

担当者も人間ですから、お願いされると断りずらいものです。

ですので、言いにくいかもしれませんが、決して悪い事ではありませんので、勇気を出して行ってみましょう。

 

もちろん、毎日頑張っている事が前提になりますけどね。