Pocket

「派遣社員は同じ職場で3年働くと正社員になれると聞きましたが本当ですか?」こんな質問をよくもらいます。

 

 

結論から言うと、

「3年派遣で働いたからと言って正社員にしないといけない法律は無い。」

というのが答えです。

 

 

しかし、3年問題は良く聞く話ですから、これについて説明していきましょう。

現役派遣営業マン@いちろう現役派遣営業マン@いちろう

また、3年以上働くにはどうすればいいかも合わせて紹介します。

 

 

派遣社員の3年問題とは?

派遣にはこれまでも色々な3年問題が付きまとってきました。

 

過去の3年問題について話をしても意味が有りませんので、

現在の3年問題を簡単に言うと、

「期間の定めのある有期雇用者は、同じ職場同じ業務で3年を超えて勤務する事が出来ない。」

これが現在の派遣法の3年問題です。

 

 

この法律は2015年9月30日に改定されたため、それ以降の契約から3年がたった今、2018年に表面化してきた問題です。

 

 

派遣で働く人の多くは、登録型派遣という契約形態に分類されます。

派遣先のお仕事が有る期間だけ派遣元と契約するスタイルですね。

ですから、派遣先の仕事が終了すると、それに合わせて派遣会社との契約も終了していますよね。

この状態が有期雇用(期間の定めのある契約)と呼ばれます。

 

 

そして、有期雇用者が3年を迎えた時には、そのまま有期雇用者として継続して、同じ職場の同じ業務で働けなくなってしまうのです。

 

 

しかし、継続する方法もあります。

その方法は2種類で、

・派遣先に直接雇用してもらう。

・派遣会社に無期契約にきりかえてもらう

この2つです。

 

 

派遣先に直接雇用してもらう。

この派遣先に直接雇用してもらうという事が、正社員になれると勘違いしてしまう原因かもしれませんが、直接雇用は正社員に限りません。

 

 

直接的な雇用関係を結んでいればいいのですから、正社員、契約社員、嘱託社員、アルバイト、パートなど多岐に渡ります。

 

 

正社員にしなくてもいいのに、わざわざ正社員にする派遣先は少ないです。

私の担当している派遣社員でも、この3年問題で正社員になれた人はまだいません。

まだ3年に達していない人が大半ですが、3年を迎える方は多くいるのに、正社員の話しが出ていません。

 

 

契約社員や嘱託社員など、直接雇用されて継続される派遣社員も多くいるのですが、やはり契約社員や嘱託社員に偏りますね。

 

 

派遣会社に無期契約にきりかえてもらう

3年問題で継続される派遣社員の大半は、この派遣会社で無期雇用に切り替えてもらう事になると思います。

 

 

当社でも、ほぼ間違いなく継続される方は、コチラの無期契約に切り替えています。

しかし派遣会社によっては、無期雇用に切り替える事はせずに派遣先で直接雇用が無ければ、派遣会社の判断で3年経過時点で終了する派遣会社が多くいるのも事実です。

 

 

無期雇用は派遣会社にとっては非常にデメリットが多いです。

万が一派遣先での仕事が終了しても雇用関係は継続していますから、次の派遣先が決まらなければ休業補償をしなければいけない可能性が出てきてしまいます。

 

 

ですので、これから派遣を開始される方も、今現在派遣で勤務している方も「3年たったらどうなるのか?」を必ず確認しておきましょう。

 

 

派遣社員は3年問題で正社員になれるか考えるよりも早く転職を考えるべき

派遣が危険な事は、これまでの記事で書いてきましたが、この3年問題も派遣社員としては足かせになりかねません。

 

関連記事⇒派遣社員は少しでも早く正社員に転職するべき。安心に潜む危険。

 

3年たてば正社員になれると勘違いしていて頑張っても、「3年たったから契約終了です」と派遣会社に言われてしまえばそれまでです。

反論する事が出来ないのが派遣社員です。

 

 

それならば、正社員になれるかなれないかわからない派遣社員で働くよりも、はじめから正社員として安定した生活をてに入れる方が手っ取り早いです。

 

 

派遣の法律はここ数年何度も改正されています。

少しでも良くなればいいのですが、2015年の改定の様に派遣社員が不利になる状況が今後も出てくるかもしれません。

 

 

もちろん国は派遣社員を不利にする為に改正している訳ではありません。

今回の3年問題も、その背景には正社員になれるような人材を育成する事が掲げられています。

 

 

どういうことかと言えば、

正社員になる為にはいろいろなスキルが高い方が良い

派遣期間に制限を掛ければ色々な業務を経験出来て良いのではないか?

では3年という期限を付けて、色々な仕事を経験出来る様にしよう。

この様な経緯です。

 

 

しかし、世間的にはこんな話伝わっていませんよね。

 

 

ですから、3年で派遣先に切られてしまう前に、早くあなた自身が動き始めましょう。

いつまでも派遣で不安定でも気にしない、いつ切られてもいい様に覚悟は出来ているのであればいいのですが、安定した生活を手に入れるには派遣では難しいと私は自分の営業経験から知っています。

 

 

とにかくいつ景気が悪くなるかわかりません。

景気が悪くなった時に初めに切られるのは、いつも派遣社員です。

 

 

切られてからジタバタしても他の会社も不景気で求人すらなくて、もう遅いですからね。

まだ余裕のある今のうちに行動しておきましょう。